住環境

札幌近接の都市機能と自然が
融合した住みやすいまち

千歳市は石狩平野の南端に位置し、札幌市・苫小牧市など4市4町に隣接しています。 面積は東京23区とほぼ同じで、国立公園を有する四季折々の自然に恵まれています。 道央圏の中核都市として、教育からレジャーまで快適な環境を有しています。

千歳市では、「子育てするなら、千歳市」のキャッチフレーズを掲げ、地域子育て支援センター(11か所)を設置しています。 放課後自宅に帰宅せずランドセルを背負ったまま 直接児童館へ行ける「ランドセル来館」をはじめ、転勤してきた子育て家族が、子育てに関することを気軽に相談できる「ちとせ子育てコンシェルジュ」を配置するなど、多様な子育て支援の施設や事業が充実しています。また、休日や夜間の急な発熱、腹痛などに対応する「休日夜間急病センター(ささえーる)」を開設し、内科系救急の24時間の診察体制を確保しています。

子育てするなら千歳市
ちとせっこセンター

ちとせっこセンター

日本航空専門学校

げんきっこセンター

げんきっこセンター

特色ある教育機関と施設が充実

転勤先での暮らしで不安になるのが、子どもの教育環境です。千歳市には、認定こども園から大学院まで特色のある教育機関が多数点在しています。通学可能な石狩管内(札幌方面)には、中高一貫や特進クラスなどを備えた公立(道立38校、市立7校)・私立(22校)高校があります。また、スポーツセンター、図書館、千歳市民文化センター、総合武道館、温水プールなど市民のための社会教育施設も充実しています。

■千歳市内の教育・保育機関一覧

教育機関校数自動・生徒・学生数
認定こども園15園1,653人
認可保育所3園103人
幼稚園8園1,422人
小学校17校5,442人
中学校9校2,668人
高等学校2校1,652人
高等支援学校1校66人
大学2校1,257人
大学院1校30人
専修学校1校663人
合計26園・33校14,889人

※要覧ちとせ令和2年版ほかより

日本航空専門学校

日本航空大学校北海道

千歳市民文化センター(北ガス文化ホール)

千歳市民文化センター(北ガス文化ホール)

市民ギャラリー

市民ギャラリー

温水プール

温水プール

スポーツセンター

スポーツセンター(ダイナックス・アリーナ)

総合武道館

総合武道館

千歳市には大型ショッピングセンター、都市型ホテルやゴルフ場、約102haの面積を誇る青葉公園をはじめとした数多くの公園・文化施設が点在しています。買い物やレジャーが軽快に楽しめるコンパクトな都市機能も備わり、暮らしやすさを誇ります。また、分譲住宅の他、賃貸住宅も豊富で、生活に欠かせない病院やケアハウス、デイサービスセンターなどの福祉・医療施設も充実しています。

文京ニュータウン 文京ニュータウン
市立千歳市民病院 市立千歳市民病院
総合福祉センター 総合福祉センター

■平均気温の比較
(2016~2020年)

最近5カ年(2016~2020年)の「平均気温比較」 ※気象庁ホームページをもとに作成

■平均真夏日・猛暑日日数
(2016~2020年)

最近5カ年(2016~2020年)の「平均真夏日・猛暑日日数」 ※気象庁データベースより

千歳市の年間平均気温は軽井沢とほぼ同じ

千歳市の年間平均気温は7~8℃で、これは軽井沢とほぼ同じ水準です。真夏日がほとんどないことや、梅雨・台風の影響が少なく、空気が乾いていることも、年間を通して快適に過ごせるポイントです。

■平均降水量の比較
(2016~2020年)

最近5カ年(2016~2020年)の「平均降水量」 ※気象庁ホームページをもとに作成

■降雪量と雪質の関係

降雪量と雪質の関係 ※気象庁データベースをもとに作成
※降雪を溶かした水分を降水量に換算し、水分量が少ないほど、乾いた軽い雪とされます。

屈指の透明度を誇る「支笏湖」

国立公園の支笏湖は、全国第2位の深度を誇る日本最北の不凍湖です。環境省の「公共用水域水質測定結果」の湖沼の部で、COD(化学的酸素要求量)が低い水域として、平成19年から平成29年の11年連続を含む、これまで20回、全国第1位に輝いています。

観光

新規ホテルが続々開業
イベントやアクティビティも多彩

札幌・小樽・登別・ニセコなどの観光地へのアクセスも良く、市内でも支笏湖をはじめ、豊かな自然を満喫することができます。レジャースポットも豊富で、ゴルフ場は市内に6か所あり初級者から上級者まで気軽に楽しむことができ、得意先の接待はもちろん、充実した余暇を過ごすことができます。観光や出張時に利用されるホテルも市内に多数あり、来客等の受け入れ態勢も万全です。

千歳・支笏湖氷濤まつり 千歳・支笏湖氷濤まつり
オコタンペ湖 オコタンペ湖
丸駒温泉 丸駒温泉
ゴルフ場 ゴルフ場
千歳基地「航空祭」 千歳基地「航空祭」
千歳アウトレットモール・レラ 千歳アウトレットモール・レラ

北海道では地域資源の活用と北海道ブランドの確立を目指し、専門家による商品開発や品質・付加価値向上のための支援、人材の育成などを進めています。首都圏や東南アジア等での商談・交流会の開催など国内外への情報発信から販路拡大、輸出体制の構築まで総合的な支援を行っています。
「47都道府県〈食のイメージ〉調査」※において、北海道が12部門を独占し、6年連続第1位を獲得していることからも、食における北海道ブランドの強さがうかがえます。

食のイメージがある都道府県
この1年間に食べたことがある品目
一年間に食べた中で良い印象が残っている品目

※出典:「食のイメージ調査2020」(有限会社永瀬事務所 バイヤーズ・ガイド事業部 調べ)
調査時期:2020年8月6日~8月9日、調査対象:全国20~69歳の男女15,672名

北海道産食材の付加価値を
商品力に活用

千歳市は石狩管内随一の農業のまちです。はくさい、キャベツなどの野菜生産や酪農、鶏卵などの畜産が盛んです。さらに地元農畜産物の高付加価値化や地域ブランド確立に向け、農商工連携で取り組んでいます。

食料品製造業付加価値率千歳市50.8%全国34.4%

※2019年工業統計調査より算出。付加価値率は付加価値額を製造品等出荷額で除した割合。

地元のおいしさをアピール

千歳市内の立地企業や商工会議所が一体となって、千歳で生産される食品などを地元で消費する「千産千消」を進めています。
イベントなどを通して、千歳産のPR活動に取り組んでいます。

「おいしさ千歳産」PRポスター

「北海道食品機能性表示制度」で
付加価値の高い
食品づくりを後押し

「北海道食品機能性表示制度」は、道内で最終製造・加工された食品に含まれる機能性成分について、健康維持・増進の効果を検証するヒト介入試験により体づくりに関する科学的研究が行われた事実を北海道が審査・認定し、商品パッケージに認定表示できる制度です。
※特定の保健の効果が科学的に証明され国から表示を許可される特定保健用食品や、届出のみで事業者に表示責任のある機能性食品表示とは異なる表示制度です。

北海道食品機能性表示制度について
「北海道食品機能性表示制度」で付加価値の高い食品づくりを後押し