産業インフラ

良質で豊富な水資源をはじめ
不可欠な産業インフラを完備

千歳市は豊富な地下水や低価格な上下水道を完備しています。クリーンエネルギーの天然ガスは、パイプラインからの供給が可能です。特別高圧電力も受電できるなど、企業活動に不可欠な産業インフラが整っています。

支笏湖から市街地までの森林地帯は、雨水が長い年月をかけて浸透する自然のろ過装置となっています。雨水のほとんどは、地下水涵養源となり、市街地や工業団地に流れています。千歳市の上水道の給水可能量は、用水受水を含め合計で54,400㎥/日を保っており、複数系統からの水源確保により、災害時にも万全の応急給水体制を整えています。

■国内各市上下水道使用量(月額)
における料金比較

国内各市上下水道使用量 ※令和3年2月 各市HPより千歳市独自調査
※上水道・下水道使用量を10,000㎥とした場合の各市比較表(上水道は業務用・口径100mmで計算) 

名水百選の「ナイベツ川湧水」が主水源

千歳市は石狩川水系千歳川の支流である内別川の水を上水道の主水源にしています。長さ2.5kmほどの流域には大小60か所以上の湧水があり、源頭部の水量は1日約13,000㎥、千歳川との合流点では1日約60,000㎥に達します。内別川は、源頭部の「ナイベツ川湧水」が環境省の名水百選に選定されるなど良好な環境に恵まれ、清澄で豊かな水をたたえ続けています。

名水百選の「ナイベツ川湧水」が主水源

■地下水使用量コスト 【試算条件】

※井戸を20年使用した場合。(ポンプ等のメンテナンス費用は含まない)※工事費用は公共歩掛で計算
※受水槽等は工業用水道でも使用するため本計算から除く※ポンプは1,000㎥で11kW、100㎥で2.2kWとして計算
【北海道営工業用水の㎥あたりの料金】北海道内の工業用水の基本料金は、18~55円/㎥となっており、本管からの引込管工事費分担金が別途必要です。※平成27年算出

地下水

夏が短く、気温・湿度も低い北海道は、冷房に必要なエネルギーが本州よりも格段に抑えられます。冬の暖房と合わせても安価で、製造業など熱を発生させる工場では、そのメリットが大きくなります。 また、半導体製造工場では、北海道の冷涼な外気を利用したクーリングタワーによる空調冷房を採用し、さらに効果を高めています。

電気

北海道電力 道内電力の安定供給のために

平成30年北海道胆振東部地震が発生した際、震源地近くに立地する北海道電力苫東厚真火力発電所が被災したことにより、他の発電所も発電設備保護のために順次停止したことから北海道全体が停電する「ブラックアウト」が生じました。北海道電力は、北海道と本州を結ぶ連携設備(北本連携設備)を容量60万kWから90万kWに増強するとともに、石狩湾新港発電所(LNG火力)の建設を進めるなど、将来にわたる道内の電力の安定供給を目指しています。

千歳市は微小粒子状物質(PM2.5)、浮遊粒子状物質(SPM)の濃度がどちらも環境基準を満たし、大都市圏より低い数値となっています。

■微小粒子状物質(PM2.5)および
浮遊粒状子物質(SPM)の測定状況
(2018年)

微小粒子状物質(PM2.5)および浮遊粒子状物質(SPM)の測定状況 ※国立環境研究所ホームページから作成
※各都市観測局最高値を掲載

全ての工業団地でNTTの光サービスと北海道総合通信網(株)の光回線が利用可能です。
また、専用回線による提供や10ギガバイトクラスの提供も可能です。(要協議)

石狩市の石狩LNG基地と苫小牧市勇払地区はパイプラインで結ばれており、安定的に天然ガスが供給されています。天然ガスは、輸送やコスト面でも安定性に優れた地球にやさしいクリーンエネルギーです。熱効率が高いので光熱費が抑えられ、ボイラーの耐久性向上にもつながります。

天然ガスの 3つの メリット

  • 大地震対応設計
    効率的で
    安全な輸送

  • 2 交通渋滞や
    排ガスの環境
    問題も改善

  • 3 耐久性に優れた
    ボイラーで
    コスト削減

■天然ガスパイプライン路線図

天然ガスパイプライン路線図 ※2019年12月現在 北海道ガス(株)資料より