北海道千歳市工業団地
お問い合わせ・資料請求
  • 文字の大きさ

空/空港

高い利便性に富む、
北の物流拠点 新千歳空港。

空/空港イメージ

北海道の空の玄関口で知られる新千歳空港は、さまざまな角度からビジネスに直結した機能が充実しています。国内主要空港と連結し、国内28路線、海外20路線の定期便と、国際チャーター便が就航しています。また24時間運用の空港であることから、深夜航空貨物便も活用されています。
さらに、平成22年(2010)には新千歳空港国際線旅客ターミナルビルが供用を開始し、アジアの新しい扉として期待が高まっています。

新千歳空港から世界へ
ビジネスチャンスを高める国内外を結ぶ
交通のキーステーション

国内主要空港と直結する新千歳空港は、東京、名古屋、大阪など国内28路線、海外20路線の定期便と、国際チャーター便が運航され、新千歳空港国際線旅客ターミナルビルの供用開始とともに、多くの人々が行き交っています。 また、新千歳空港では、物流面でも様々な輸送機能の充実を図っています。平成6年(1994)の日本初となる24時間運用により、即日配送を可能にした深夜航空貨物便が活用されています。さらに、通関時間が短い国際航空貨物は海外輸出を行う企業から高い評価を得ており、航空貨物保税運送も活発な動きを見せています。

新千歳空港の国内線就航数

※平成31年3月現在

深夜貨物便
鮮度により商品価値が左右される農水産物等は、速達性が求められており、深夜貨物便は流通面での利便性向上に向け、強い味方となります。

航空貨物の保税運送
航空貨物の通関を千歳で行い、「即日申告、即日飛び」による保税輸送で成田・中部・関西空港を経由して世界へ輸出しているケースが多々あります。

新千歳空港の国際線就航数

※平成31年3月現在

国際線行先 便数
北京 毎日1便
天津 週2便
ソウル 週68便
釜山 週19便
大邱 毎日1便
ホノルル 週3便
ユジノサハリンスク 週4便
杭州 週2便
上海 毎日3便
台北 週24便
国際線行先 便数
高雄 毎日1便
香港 週12便
バンコク(スワンナプーム) 週10便
バンコク(ドンムアン) 毎日1便
クアラルンプール 週7便
シンガポール 週4便
南京 週5便
マニラ 週3便
清州 週2便
ウラジオストク 週2便

新千歳空港の利用状況《航空貨物》推移

※国土交通省 暦年・年度別空港管理状況調書より

交通アクセス

千歳市の立地環境データ