市長の企業訪問記

株式会社ボンタイム北海道

訪問日:2017年11月02日(木)

株式会社ボンタイム北海道  今回訪問した企業は、千歳市第4工業団地に立地する「株式会社ボンタイム北海道」です。  株式会社ボンタイム北海道は、平成26年7月から道産原料を主体としたお菓子を製造しています。  平成29年6月に、第2工場の操業が始まりましたので、平成26年12月以来2度目の訪問をしました。

 株式会社ボンタイム北海道は、北海道産のこだわりタルト「北ると」でお馴染みですが、第2工場では新商品、「北海道キャラメルポップコーン」、「北海道焼とうきびポップコーン」、「ワインチョコレート」を製造しています。  いずれの商品もこだわりの道産素材を使用しており、「ワインチョコレート」には、千歳ワイナリーの厳選ワインを使用したとのことです。  試食をさせていただきましたが、大変おいしく、素材の良さと製造技術の高さを感じました。さらに、賞味期限は半年程度と長く、お土産にも最適とのことですので、新たな「千歳名物」となることが期待されます。
 繊細な菓子作りは機械に頼ることが難しく、手作業による工程が必要とのことで、多くの従業員の方が丁寧に商品を製造されていました。  こうした丁寧な菓子作りは、多くの方の支持を得ているとのことでした。  平成26年の操業開始時は、千歳市内に居住する従業員の割合は2/3程度だったとのことですが、千歳の生活環境を気に入り、現在では、ほとんどの従業員の方が市内に居住されているとのことでした。  千歳は菓子製造をするための良好な条件が揃っているので、今後も千歳から美味しい商品を発信できるよう、従業員が一丸となって頑張りたいと力強いお言葉をいただきました。